有病者・基礎疾患のある患者さんの歯科治療を依頼する場合には

基礎疾患のある患者さんの場合、基礎疾患のリスクおよび必要な処置内容により、紹介先歯科医院より病院歯科または大学病院歯科口腔外科等の高次医療機関への再紹介を行う場合があります。 あらかじめご了承ください。

■必ず診療情報提供書を発行してください

診断の際の参考としても、また安全な処置のためにも、基礎疾患の状態を把握する必要があります。
必ず診療情報提供書を発行していただくようお願いします。
必要事項の記入漏れを防ぐために、可能な限り、当会所定の書式を使用してください。
また、できる限り直近の検査データの添付をお願いします。

やむを得ず所定外の書式を用いる場合は、診療情報提供書には最低限下記の項目について記載をお願いします。

  • ● 患者氏名、生年月日
  • ● 疾患名
  • ● 現在の状態(安定状態か不安定か。 コントロール状況 等についてできる限り詳しく)
  • ● 現在の処方内容
     (特に循環器系薬剤・抗血栓剤・ビスフォスフォネート製剤を投与されている場合は必ずご記入下さい)
  • ● その他、歯科治療に際しての注意事項
     (観血処置の可否、処置・処方上の留意点、感染症の有無、参考になる検査データ等があれば、ご記入下さい)

※検査データについて
抜歯等の観血処置の処置判断に必須となります。
出血傾向のある場合にはRBC・WBC・血小板数等を、またワーファリンが投与されている場合は、PT-INR値を、DMの場合はHbA1c値などをご記入ください。

外傷等での歯が抜けた場合には

再植可能な場合がありますので、抜けた歯に付いた土等をさっと水洗いした上で薄い食塩水(生食で可)や牛乳に浸した状態で歯科医院に紹介して下さい。

紹介時の留意点

紹介される場合は、以下についてご注意ください

  • ●必ず予約を取るよう患者さんにご指示ください
     基礎疾患を有する患者さんの場合、診査診断に通常より時間がかかる場合があります。
     必ず予約をした上での来診をご指示ください。
  • ●必ず保険証を持参するようにご指示ください
     受付時のトラブルの原因ともなります。必ず保険証を持参するようお伝えください。
  • ●服薬等は通常の通りで結構です
     抗血栓薬等を服用されている患者さん等でも、通常通りの服薬をご指示ください。
     たとえ抜歯が必要である場合でも、初診時にすぐに抜歯が可能かどうかは口腔状態を診ないと判断できません。
     休薬が必要な場合には歯科医院より休薬のお願いをいたします。
     緊急に処置が必要な場合は、あらかじめ紹介先歯科医院にご相談ください。可能な限り柔軟に対応いたします。
  • ●普段装着していない場合でも、義歯を持っている場合は持参するようご指示ください
     普段装着していない場合でも、治療上必要となる場合があります。
     また、抗血栓薬を服用されている場合などでは義歯を改造して止血シーネとして使用できる場合もあります。
     必ず持参するようにご指示をお願いします。


このサイトについて

当サイトは一般社団法人尼崎市歯科医師会および尼崎市歯科医師会医療連携推進委員会が作成運営しています。

掲載資料等について

当サイト内の文章、資料、書類等の著作権等の権利は、別に表記あるものを除きすべて一般社団法人尼崎市歯科医師会に帰属します

問い合わせ先

一般社団法人 尼崎市歯科医師会

Google+